Top > 検事

検事とは? 前日に指定した相手を調査して犯人かどうか捜査して、判別する事ができる!
すっごいやー!

Normalルールの場合は1日目はランダム捜査である。
ランダム捜査先は自分が無実の場合は自分を除く無実の人妖またはスパイを捜査する。
犯人側の場合は自分を除く全員に当たる可能性がある。

無実の検事は初日かならず無実判定を出すので、犯人側の検事もそれに習う必要がある。

無実の検事犯人側の検事
初日の捜査先無実側とスパイ全員
初日の捜査結果無実無実とは限らない

犯人側は必ず表では無実だと言わなければならないが、必ずしも無実の人が対象でなくてもよい。

また、Extraルールの場合は初日のランダム調査は行われない。


ここからはまじめに各人種の場合の検事の働きについて解説します。

基本的な役割
検事の能力は対象としたキャラクターが犯人か無実かを調べる、という能力になります。 (スパイは無実扱い)
しかし、その対象が夜のうちに病院送りになってしまった場合は不明で終わってしまうので注意が必要です。
検事は無実にとっても犯人にとってもゲームの鍵となる強力な能力を持っています。
そのため、必然的に探偵に守られることとなり、病院へ行くのは探偵より後になることが多いです。
また、無実の場合は犯人に見せかけやすいため、犯人の場合は純粋に守られやすい職業として生き残ることが多くなりますが、無実の場合はその強力な能力から襲撃先の筆頭に上がることも少なくありません。
情報を得やすいが、信用を得ることが難しい職業として、初心者から上級者までにお勧めできる職業となります。

無実の場合
無実の場合の仕事はなんと言っても犯人を見つけることになります。
また、その見つけた犯人を人妖達に信じてもらうために信用を得るための言動も必要になりますが、自身が出した情報が一番多い職業になるため推理力はあまり求められません。
信用できる検事がいなくなると、神社の視点からは犯人を見つけることが難しくなるため、基本的には探偵に守られる、みんなに大事にされる職業になります。

スパイの場合
スパイの場合は犯人を自分で捜査する。または無実の人妖を告発することが仕事になります。
特に、仲間の犯人を無実だと偽った場合には、自身が攻撃や執行の対象になった場合に無実判定をもらえるため、自分で捜査した犯人が余計に無実に見えるというメリットがあるため、スパイには適任の職といえます。
無実側を混乱させるように立ち回りましょう。
また、まれに自身の捜査で犯人を無実判定し、その後自身を襲撃させることで無実判定した犯人を神社の人妖達の目から見ても無実が濃いように見せかけるSS(Super Stealth/スーパーステルス)と呼ばれる作戦があります。覚えておくとよいでしょう。

犯人の場合
犯人の場合にも犯人仲間を自身で捜査する。または無実の人妖を告発することと共に、生き残ることが仕事となります。
また、仲間のスパイは無実の検事に捜査させたほうが人妖の視点でわかりにくくなるため、仲間のスパイはできるだけ捜査しないようにしましょう。
また、判定を偽る場合は、終盤の状況まで見通しやすく、犯人が見せかけたい作戦に無理が出にくいように三日目以降に偽ることが多くなる傾向にあります。
自分が偽った判定は攻撃された後、鑑識の取調を受けるため、鑑識と対立することが多くあります。
対立する前に、鑑識の信用を落とすために片方の鑑識を襲撃しておくとよいでしょう。


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-30 (木) 11:14:39 (3912d)